ホーム ≫ ニュース一覧 ≫ 新栄養士科2年生 就職準備週間!

新栄養士科2年生 就職準備週間!

2018/04/11

新栄養士科2年生では、春休み期間を利用し、

3月26日(月)からの1週間を就職準備週間としました


栄養士科の卒業生の就職先として一番多い、給食受託会社4社の企業説明と

ハローワーク長岡の学卒ジョブサポーターの方から就職講話をしていただきました



ハローワークの学卒ジョブサポーターさんからは、就職活動をするにあたって

まずは「自分を知る」ことが大切だとお聞きしました。

自分の働く上でのこだわりや価値観、目標などを考たあとに、

友達と発表し合い、自分の中で仕事をする上で何を大切にしたいのかということを考えました


自分のことを改めて考え、文章にするとなると、意外とわからないことが多いです

なかなか大変な作業ですが、友達や家族に聞きながら「自分」を知り、自分に合った就職先を探してほしいと思います。


受託会社の企業説明では、人事の方と一緒に卒業生が来てくれた企業もありました


先輩から仕事をしてみて大変だったこと、嬉しかったことを直接聞くことができました。

最初はわからないことだらけで不安でも、周りに助けてもらいながら仕事を覚えていくこと、

同期がいる心強さ、「おいしい」と言われたときの嬉しさなど、、、

先輩の言葉を聞くうちに就職に対する不安も小さくなりました


そして、どの企業も共通して求める人物像は

①コミュニケーション能力(聴く力、伝える力)があること

②協調性があること

③積極性、チャレンジ精神があること


どれもすぐにつけることができない力なので、日々意識して過ごしていきたいですね



最後に、福祉施設に勤める先輩の言葉に「食事は命に繋がっている」とありました。

食事を食べることによって元気になったり、病気が良くなったり。

また施設で最後を迎えられる方にとっては、自分の作った食事が最期の食事となったり。


改めて、食事を提供するということの責任を感じさせる言葉でした。



卒業した先輩たちは、店長やチーフ、エリアマネージャーとなりたくさん活躍しています

頼りになる先輩がたくさんいるので、不安がらずに就職活動を頑張りましょう

お互いの仕事観を発表し合ったり、ドキドキしながら質問しました


卒業生の先輩方、本日は貴重なお話を聴かせていただきありがとうございました