ホーム » 就職サポート » 卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ

栄養士は、たくさんの人に「健康」を届けることができる仕事です。

私は現在調理員として働いています。主な仕事内容は、セントラルキッチンで調理された食事を各食形態に合わせて切るなどの加工をしています。患者様の食事には塩分制限やたん白質、脂質、エネルギーコントロール食などがあります。これらの食事を作ってみると授業で学んだ食事の展開や献立作成などが現場でどのように行われているか改めて理解することができました。将来は管理栄養士の資格をとりたいと考えているので現場で学んだことを勉強にも活かしていきたいです。まだまだ覚えなくてはならないこともたくさんありますが先輩方に教えてもらいながら毎日頑張っていきます。


社会人として大切なことをこの学校で学びました。

私は石本商事に入社し、今現在下処理、調理、盛り付け、洗浄を主に仕事をしています。学校で学んだことは少しずつ日々の生活の中で活かされています。その中でもあいさつや言葉遣いが最も活かされているかもしれません。これは人として大切なことで社会に出る前に人と関わることや勉強することが大切なのだと、悠久山栄養調理専門学校で学ばせてもらいました。これからは栄養士業務でもある発注などにも携わる予定なので、より一層力を入れ自分のなりたい栄養士に少しでも近づけるようまた日々頑張っていきたいと思います。みなさんも大変だと思いますが、夢はすぐそこにあると信じ逃げずに頑張ってください。私も負けずに頑張ります。


お客様の反応が自分を成長させてくれます。

私は悠久山栄養調理専門学校を卒業後、地元見附のイングリッシュガーデンホテルレアントに就職しました。ここではレストランでの調理の他、宴会料理や婚礼料理など様々な分野の料理を学ぶ事ができます。今現在私は料理の火入れを担当しています。自分で作った料理をお客様に召し上がっていただいているので責任と自覚を持って日々取り組んでいます。レアントではオープンキッチンになっている為お客様から直接「おいしかった」などのお声をいただけると喜びとともに日々成長できているというやりがいを得る事ができます。これからも、お客様に笑顔になっていただき幸せな気持ちにさせられるように日々頑張っていきたいです。


製菓実習の経験がとても役立っています。

私は、両親の影響で料理に興味をもち悠久山栄養調理専門学校で1年間基礎を学びました。そして第一志望であった小林樓で、結婚式のコース料理や宴会の食事、主にデザートを担当しています。デザートを作るにあたり専門学校で学んだ製菓実習の授業が活きています。器具の使い方や材料の名前、生地の混ぜ方など様々です。 働き始めた頃は何をしていいかも分からず、悩むことも多くありましたが今では、他部署の方と接する場も増えとても良い環境の中、仕事をさせていただいています。小林樓では結婚式の時に全スタッフでお見送りをします。その際お客様から掛けて頂く一言がとても嬉しいので、それを励みに日々頑張ります。


栄養士は、「食」で人を笑顔に、そして「健康」にできる仕事です。

私は調理のできる栄養士として、認定こども園明幸幼稚園で働いています。
高校生の時に栄養士という職業に興味を持ち、悠久山栄養調理専門学校に入学しました。在学中はレポートや課題、専門的な授業に必死に取り組む毎日でしたが、 栄養士の仕事を始めてからは実習・実験が充実したカリキュラムの経験がとても役に立ち、今でも教科書やノートを開いて勉強の毎日です。
主な仕事内容は、献立作成、給食だよりの作成、こどもたちや保護者の皆様への食育指導、毎日の給食調理などを行います。 園の先生方や調理員さんに助けられながらとても良い環境の中で仕事をさせていただいています。
これからもこどもたちに美味しく栄養バランスのとれた食事を提供していきたいです。


人に喜びや感動を与えることができる調理師を目指します。

悠久山栄養調理専門学校で1年間調理師になるために学び、現在調理師として高齢者福祉施設で入居者さまの食事作りをしています。
美味しい食事を提供することはもちろんですが、衛生管理をしっかり行い安心安全な食事作りを第一に心掛け調理を行っています。 入居者さまに「おいしかったよ」「いつもありがとう」などとお言葉をかけていただくこともあり、とてもやりがいを感じています。
まだまだ覚えなければならないこともたくさんあり、先輩方に教えていただくことも多いですが、これからも入居者の皆様に喜んでいただけるよう頑張ります。


学校で学んだ事が活かされているか

私の職場は福祉施設です。職場では、特に手洗いなどに気を付けています。
手は、普段顔や物を触るため多くの菌が付きやすいです。特に親指の付け根は洗い残しが多い事を学校の実験で初めて知りました。それまでは、気にすることもなかった場所も今では、細かくて洗っています。他にも、調理実習では基礎的な料理から本格的な料理を学んだおかげで、就職現場に入った時も多少の料理がすぐ作れました。
私は、これからも調理では利用者様においしいと思ってもらえる料理や手洗いなど衛生面を気を付けていきたいと思います。


「1年で調理師免許が取れるのはいいな」と思い「悠久山」の調理師科を選びました。授業では調理のトッププロから直接学べることも魅力でした。実習では高いレベルの技術も指導してもらえますし、調理師の試験対策もしてもらえて助かりました。行事も充実していて、授業以外でも楽しく過ごせます。友達もたくさんできました。
今はホテルの和食レストラン厨房で、主に宴会料理の前菜を担当しています。野菜の飾り切りなど授業でやったことがすぐに役に立ちました。いつかは自分で考えた料理を調理してお客さまに味わっていただきたいですね。
ホテルのレストランで働きたかったので、学校でホテルの調理長から教えてもらえたのはよかったです。講師として来てくれる長岡市内の調理関係者とも知り合えますので、地元就職を希望するならぴったりの学校です。


社会人を経験した後「悠久山」に入学しました。2度見学し、先生が親身になってくれる人ばかりで、安心して通えると思ったことが決め手になりました。
勉強も実習も思ったよりハードでしたが、栄養や体の仕組みについて学んだり、調理には科学的な根拠があると知ったりするのは楽しかったですね。
今は保育園の栄養士として、献立の作成や調理、食育などを担当。子どもたちの成長と健康面のために保育園独自の献立を立てるので、自分の考えを業務に反映しやすいところにやりがいを感じます。
0〜6歳までの子どもたちの食事なので幅広いですが、対象者別調理実習で学んでいたので順調に仕事ができました。調理師への指示出しや保育士・保護者とのやりとりでも、学校での知識や経験に助けられています。「悠久山」は実力をつけて卒業できる学校。職場で有益なスキルも習得できます。


病院の栄養士になりたかったので、集団調理実習もできるこの学校を選びました。学生時代は同級生もいい人ばかりで楽しかったですね。
現在は野菜をカットする切菜業務を担当しています。弊社は病院や福祉施設へ食事を提供しており、さまざまな食形態があるため、決められた形状に合わせて正確に食材の切菜ができるよう、細心の注意を払いながら業務にあたっています。以前、調理業務も担当した際には学校で習った基本的な知識や技術が大変役立ちました。今後は献立の作成から食材の発注に至るまでの栄養士業務にも挑戦したい。管理栄養士も目指していますので受験勉強にも全力で取り組みます。
専門的な調理の勉強は難しいところもありますが、怠けずに、将来像を持って頑張ってほしい。先生の愛ある指導で、身につけられることがたくさんありますよ。


特別養護老人ホームで食事を提供しています。食事の形態が6種類あるので最初は覚えるのが大変でした。
「悠久山」は2年生の校外実習が2回あるので実践的でした。集団調理実習も2回あり、2、3日かけて作業や衛生について学んだことは今、自分の中で生かされています。仕事は常に先のことを考えて動かなければなりませんが、限られた機会とはいえ学校での集団授業は役に立ちます。また校外研修で福祉調理を体験できたこともよかったです。
2年間本気で学び、行事に参加することで他の科の生徒とも仲良くなれました。幅広いジャンルの調理を学べるので、就職の際に選択肢が広がります。
作った料理に利用者さまが「おいしかったよ」「ありがとう」と言ってくださるとうれしい。調理は頭と体力を使う、やりがいのある仕事です。