ホーム » 学科紹介 » 栄養士科

「おいしい」と「健康」は両立できる!
2年間で食品や調理法、健康について理解を深め、
現場の即戦力となる「調理のできる栄養士」を育てます。

加藤 宏望 さん[五泉高等学校卒業]
授業では栄養だけでなく他の分野についても勉強するのが大変ですが、様々な知識が身に付きます。調理実習では初めはうまくできなかったことも、実習の回を重ね、先生からの指導を受けることによって、以前より上手くなりスムーズに作業できるようになりました。将来は給食に携わる仕事に就きたいです。そのためにも調理技術が向上するように、様々な知識が身につくように頑張りたいです。

充実のバックアップ体制

カリキュラム以外にも、スキルアップや演習など充実した補講を行っています。給食管理の知識と技術を徹底的に学び、現場で活かせるよう理解を深め、実力を付けます。

基礎から応用まで丁寧に

基礎知識の習得を徹底し、専門科目の理解度を高めて幅広い視野を持つ栄養士を目指します。実験・実習の積み重ねにより、実践力・応用力を身に付けます。

各種資格取得が可能

栄養士免許はもちろん、介護職員初任者研修課程も開講しています。栄養士としての仕事の幅が広がり、福祉関連分野への就職も有利です。

目指す職業

栄養士
管理栄養士
訪問介護員
食品企業商品開発
フードコーディネーター
大学編入 など

主な就職先

給食受託会社
福祉施設
病院
保育園・幼稚園
事業所給食
食品関連企業

卒業時取得ライセンス

栄養士免許(無試験取得)
専門士称号

取得可能資格

介護職員初任者研修課程
食育栄養インストラクター
家庭料理技能検定
管理栄養士免許(卒業後、満3年間の実務経験を経て受験できます。)

カリキュラム

基礎分野

心理学/ビジネスマナー論/化学/情報処理演習/英語/保健体育(実技含む)

専門分野

解剖生理学/解剖生理学実験/基礎栄養学/食品学I・II/食品衛生学/臨床栄養学総論/栄養指導論/メニュープランニング/調理学/調理科学実験/調理実習Ⅰ/給食計画論/給食実務論/栄養士特論

カリキュラム

専門分野

公衆衛生学/社会福祉概論/運動生理学/病理学(免疫学を含む)/生化学・実験/食品学実験Ⅰ/食品加工学・実習/食品衛生学実験/応用栄養学・実習/調理実習Ⅱ/臨床栄養学各論/臨床栄養学実習/栄養指導論実習/給食実務論・実習/公衆栄養学/校外実習/フードサービス論/食品学実験Ⅱ(選択)/調理実習Ⅲ(選択)

調理実習Ⅰ本日の課題:クリスマスメニューに挑戦!

ロールケーキの生地を作ります

油の温度に気をつけてフライドチキンを揚げます

先生に飾り切りを教えてもらいます

バランスよく飾りつけ!

メニュープランニング

献立作成を行うための基礎技術と食事摂取基準に基づいた給与栄養基準量についての各給食施設でのとらえ方について学びます。普段の食事や行事食などの献立立案から栄養出納計算まで一連の流れを演習で行い、評価の仕方や改善方法を身につけます。

給食実務論

給食計画論で学んだ基礎知識に加え、各特定給食施設の特徴・栄養計画・献立作成・調理作業などを学び、意義・目的を理解します。計画から調理・供食まで、HACCPに基づいた衛生管理を構築し「衛生的で安全な食事」を提供するための運営と管理法を学びます。


給食実務論実習本日の課題:100名分の料理作りに挑戦!

メニューやレシピなど自分たちで計画します

大量調理は時間との勝負です

実際に作業しながら衛生管理も学びます

美味しいと言ってもらえる料理をつくります

食品学実験Ⅰ

食品成分の定性・定量分析を通じて、「食品成分」及び「食品」とは何かを理解します。また、実験の基礎知識及び基本操作を習得するとともに、試薬の濃度計算から実験結果のまとめ、レポート作成までを行うことにより、多岐にわたる栄養士業務に対応できる応用力を身に付けます。

臨床栄養学実習

疾患・疾病ごとに治療食の献立作成を行い、実際に調理することで、疾患の治療に果たす栄養療法の重要性と食事療法の実際を理解します。


介護初任者研修

高齢化とともに咀嚼、嚥下機能が低下し、そのことは直接生活の質の低下を招きます。そのため、高齢者施設では食事サービスがますます重要視されます。受講することで、介護の知識と技術を兼ね備え、栄養士と介護の二つの専門性を合わせ持つ栄養士の育成を目指します。就職に直結し、かつ栄養士としてスキルアップできます。