ホーム » 卒業生のご紹介

模擬面接で指摘された事を活かして、無事内定をいただきました。

就職活動は早い時期から始めていましたが、活動を進めていくなかで県外のサロンか、県内のサロンで働くかを迷ってしまった時期もありました。 何度も先生と話し、自分のやりたいことが出来るサロンを諦めず探して良かったと思ってます。
面接は少し緊張しましたが、模擬面接などで指摘された「もっとハキハキ話す」ということに気を付け、無事内定を頂きました。
素敵な美容師になって、将来はヘアメイクのお仕事もできればいいなと思ってます。

就職ガイダンスで就職に対するイメージがわき、自分から動く事ができました。

学校主催の就職ガイダンスで、様々な美容室のお話を聞けたことで、自分の就職イメージが湧きました。 私自身考えた結果、ブライダルも手掛ける美容室を就職先に選びました。
内定をいただけたのは、しっかりと相手の目を見て面接し、休みの日に実際にその美容室に足を運んで勉強させてもらったりして、やる気を見せられたからだと思います。
将来は花嫁さんのヘアメイクを任せてもらえるようになるのが目標です。


「あなたにやってもらってよかった」というお客様からの言葉が何より嬉しい!

今の職場を選んだのは、ネイルや着付け、ブライダル、まつエクなどの様々な美容業務でお客様に関われて、学校で習ったトータルビューティーが活かせる美容室で働きたいと思ったからです。 入社して二年間は、アシスタントをしながら営業時間前後に毎日トレーニングをしていました。毎日続けるのは大変でしたが、練習しないと上手くはならないので必死でした。この下積みがあるからこそスタイリストにもなれましたし、現在も教育担当として後輩のトレーニングを見守りつつ、隣で練習して、日々技術を磨いています。 スタイリストデビューしてから二年が経ちますが、今仕事をしながら心がけていることは、お客様のなりたい姿を聞き出しイメージする事と、リラックスして過ごしていただけるような空間を創る事です。そのために、お客様とうまくコミュニケーションを取りながらスタイリングをしています。その結果として、「あなたにやってもらってよかった」という言葉をいただける時が最高の嬉しい瞬間です。

在学中、真剣に取り組んだブライダルの知識が就職後も役に立ちました。

ナガビを選んだのは、ヘアの事だけではなく、たくさんの分野を学べる事ができる学校だったからです。実際、たくさんの資格を取ることができました。 その中でもブライダルが特に好きだったので、真剣に取り組み、就職後も学校時代に身に付いた知識のおかげで、早い段階でブライダルに関わらせていただくことができました。 その他にも、掃除、身だしなみ、あいさつのことを口うるさく言われましたが、就職してその大切さに気付きました。そして、一緒に学んだ仲間は、今でもよく会いますし、 何より大切な一生の友達です。

この人に任せておけば大丈夫!そう思われるスタイリストになります。

私自身の今の課題は、どうしてもスタイリングが自分の好みの系統に偏りがちになってしまうという事です。この課題をクリアし、もっと全般的に幅広く提案できるようになり、「この人に任せておけば大丈夫!」と思っていただけるような安心感があるスタイリストになりたいと思っています。そして、人生の最大の目標である、美容で人を笑顔に、幸せにする事ができるように、一日一日を大切に、意味を持って過ごし、技術も心も磨いていければと感じています。

お客様に喜んでもらえる事が何より重要な仕事です。

今、スタイリストとして気をつけているのは、「気遣い」と「身だしなみ」です。まずはお客様の気持ちを感じる事、そして嫌な気持ちにさせない事が重要だと思っています。 そのために会話を大事にして、お客様がどんな風にしたいかを聞き出します。後は「何をしてほしいか」を言われなくても感じる事。例えば、咳き込んでいるお客様がいらっしゃって、お水をお出ししたら「何で気づいたの?」と喜んでもらえた事がありました。こういった事を常に意識するようにしています。
もう一つ気をつけているのが身だしなみです。これもお客様を嫌な気持ちにしないという意味で大切で、学生時代に注意されてきた事の一つでもあります。「美容師はオシャレ」というお客様の先入観に合わせて、しっかり整える事は信頼にも繋がると思っています。 お客様に喜んでもらえる事が何より重要ですし、それが私のモチベーションにもなるので、この2つはブレないように多くのお客様を喜ばせたいです。

練習する事がお客様の笑顔に繋がります。

入社して6年目。2年目からはカットモデルに入り、現在はスタイリストデビューして2年目になります。アシスタントとスタイリストの違いは、 お客様に対する責任感の大きさです。お客様が喜んでもらえるかどうかは私自身の仕事次第なので、スタイリングする度に反省していますし、 技術と接客を磨かなきゃと感じています。スタイリストデビューして最初のお客様のカットの時は不安でドキドキでしたが、喜んで笑顔で帰ってもらえた時はやりがいを感じました。それがずっと私のモチベーションにもなっています。
この6年間は、ずっと練習の積み重ねでなかなか上手くいかない事もあったのですが練習した分上達していきますし、それがお客様に喜んでもらえる事に繋がるので、頑張ろうといつも思っています。そして、その技術があればいくつになっても出来る仕事なので、おばあちゃんになってもずっと続けられたらいいなと思っています。


学校の友だちは最高の仲間でありライバルでした。

ナガビに通っていた時の友だちは、良きライバルであり、同じ夢をもつ一緒に頑張れる最高の仲間でした。そして、先生達には美容師としての必要な技術だけじゃなく、言葉使いや態度を含めた普段の生活習慣の部分でも注意していただいてました。ナガビでの2年間は楽しい思い出ですし今の私の基本になっています。
ただ、学生の頃の自分はまだまだ足りない部分が多くて、自分自身のことで精一杯で周りが見えていなかったなと思います。就職して様々な経験をして、最近は周りのことを考えられるようになってきました。先輩達の仕事を見て、タイミングよく道具をだせるようになってきましたし、技術も盗めるようにしっかり見るようにもなってきました。まだ後輩の私たちにもちゃんと気に掛けてくれる先輩達レベルに達してはないですが、今は精一杯アシスタントの仕事をして学んで、私自身も早く気遣いできるスタイリストになれるように頑張っていきたいと思っています。

美容師は「やりがい」を感じられる一生のお仕事です。

憧れの美容師になって気づくのは、お客様との会話や雰囲気づくりが大事だという事。そのために常に細かやな気遣いができるように日々心がけてます。お客様に心地良くしてもらう事で指名客が増えていけば、自分のモチベーションにも繋がりますし、仕事が何より楽しくなります。 大変な事も多い美容師ですが、やりがいがあり楽しい職業なので、諦めないで結婚して子供ができても続けられたらいいなと思っています。


学生の頃の「負けたくない」をずっと忘れずに美容師を続けたい。

学生の頃は誰にも負けたくないという意識で、独学でセラピストの資格を取得したり、練習を一生懸命していました。少人数制で、一人ひとりの技術もしっかり見てもらえるので、常に練習していたように思います。それが働き始めても続いていて、練習癖のようなものが身に付きました。
今は上京し、一人暮らしなので、身の回りのことをこなさなければならないですし、様々な面で大変ですが、学生の時に持っていた「負けたくない」という気持ちを大切に、笑顔で美容師を続けていければいいなと思っています。

 

やらなければいけない事イコールやりたい事なので、大変だと思った事はありません。

美容師の楽しさは、サロンワークにあります。お客さんと接している時は一番楽しいですし、お客さんの笑顔は私の「やりがい」になります。 さらにお店の運営を担うようになってからは、スタッフみんなが笑顔でいられるようなお店の雰囲気作りを考えるようになりましたし、様々な業務をやるようになり、仕事量は確実に増えました。だけど、全ては自分のためですし、やらなければならない事はやりたい事だと思っているので、大変だとは思った事はありません。

人の髪をいじるのが好きだったし、両親をかっこ良くしてあげたくて美容師を目指しました。

子どもの頃、近所の床屋さんに通うのが楽しくて、人の髪をいじるのも好き。さらに両親をかっこ良くしてあげたい気持ちもあったので、美容師を目指しました。専門学校ではみんな仲が良くて楽しかったですし、好きな事を学べたので全てが刺激的でした。学校では「あいさつ」と「人と物への感謝」を教わり、そういった当たり前の事が、凄く大切だという事は卒業してから身に染みて分かりました。今でも常に感謝の気持ちを忘れずに仕事をしています。


先生からの「やる気・元気・根気+素直」を教えに日々頑張っています!

下積みが終わり、スタイリストとしてデビューして1年目になりますが、専門学校の時に「やる気・元気・根気+素直」という気持ちを大事にする事を教えてもらったから、今があると思っています。実際、様々な経験をしましたが、大変だと思ったことはありません。それが当然だと思ってこの仕事を楽しんでいます。これから美容師を目指す人達には、先生から教わったこの言葉を肝に銘じて頑張って欲しいと思います。

美容師はとてもやりがいのある仕事。目標を目指してやり抜けば道は開けます!

主にスタイリストのヘルプやヘッドスパなどを担当しています。日々の業務はもちろんですが、練習も楽しいです。大変なことや辛いこともありますが、やはり「ありがとう」「気持ち良かった」という言葉をいただいた時はやりがいを感じますし、何よりも嬉しいです。美容師を目指している皆さん、コツコツ積み重ねられる努力と向上心があれば大丈夫です!こんなに素敵な仕事は他にないと思います。一緒に美容業界を盛り上げましょう!


専門学校で学んだ事が、今の私の基本になっています。

学校で学ぶこと全てが美容師の「基本」だということが分かりました。学生時代に注意されていた細かい部分の掃除も、サロンでの掃除は当たり前ですし、先生からの指摘を素直に受け入れることは、先輩からのアドバイスを素直に聞くことと同じです。学生時代に自然と身についたことが普段の意識や働く態勢に活かされています。これから入学される方は、その基本をしっかり学んで夢に向かって頑張ってください!

努力する事の大切さを学べたから、今も頑張れています。

現在アシスタントをしつつ、時々カットに入らせてもらっています。たくさんのお客様を笑顔に、そして一人一人に合ったスタイルを提案できるスタイリストになるために日々トレーニングを積んでいます。学生時代に努力することの素晴らしさを学べたから日々のトレーニングも苦ではありません。先生が言っていたこと、先輩たちの体験談など学校で習ったことは、働く上でたくさん活かされていますし、今も大切にしています。


オープンキャンパス
資料請求